WordPressのインストール関連情報

Wordpressインストールパッケージのダウンロード

    SourceForge.jp
    最新版は、 wordpress-2.2.3-multilingual-edition (UTF8版)

wp-config.phpの設定方法
    mySQLの設定方法が、レンタルサーバを利用時は、微妙に違うかもです

    追記wp-config.phpは、最新のWPだと、直接いじる必要なさそうです
    FTPで流し込んだあと、

    http://hogehoge.jp/  (WPのインストールホルダ)

    をアクセスするとwp-config.phpがない旨、メッセージが出て
    再作成を促してきます

    あとは、道なりに進めば、勝手にできてきます

    データベースの設定は、下記のとおりです

    
    // ** MySQL settings ** //
    define(’DB_NAME’, ‘(1)‘); // The name of the database
    define(’DB_USER’, ‘(2)‘); // Your MySQL username
    define(’DB_PASSWORD’, ‘(3)‘); // …and password
    define(’DB_HOST’, ‘(4)‘); // 99% chance you won’t need to change this value
    define(’DB_CHARSET’, ‘utf8′);
    define(’DB_COLLATE’, ”);
    

    さくらインターネットだと

    (1) mySQLのデータベース名称
    (2)データベースログイン名  (1)と同じ文字列なはず
    (3)データベースログインパスワード
    (4)mysql***.db.sakura.ne.jp (***は指定番号)


    あと、このwp-config.phpを編集かけた後、保存する際、注意が…

    保存する文字列が、UTF8になってるか、確認してください

    Windowsのメモ帳あたりで、編集かけると
    ANJIあるいはS-JISあたりで
    保存される可能性があります

    UTF-8以外の他の文字コードだと、

    http://hogehoge.jp/wp-admin/install.php

    を実行時に、データベース接続が失敗します




関連記事